toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2020-11-16

世田谷区内の某介護事業所で職員61名をPCR検査→10名が陽性。そして全員が無症状。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区長が「誰でも、いつでも、何度でもPCR検査」と突如ぶちあげ、それが全く形を変えてしまった上で実施されている、区長いわくの「社会的検査」なるもの。これまでブログでもご報告していますが、区内の介護施設等で働く方(無症状の方々)を対象に、数ヶ月かけて順繰りと検査していくというものです。これに投じられる税金は4億円。

補正予算の組み替え動議は残念ながら否決。区長のいう”社会的PCR検査”は実施へ】(2020.09.18 桃野ブログ)

この社会的検査について、区長記者会見で今日、驚きの内容が発表されました。

・ある世田谷区内の高齢者介護事業所で職員61名がPCR検査を受けたところ10名が、 新型コロナウイルス感染症陽性の結果となった。

・10名いずれも無症状。

・当該事業所内での濃厚接触者は調査中。

・検査を受けていない当該事業所の職員、当該事業所の利用者に対しては、16日(月)以降PCR検査を実施。

・当該事業所では陽性者は業務から外した上で営業を継続。

・併設する通所介護(デイサービス)については、11月16日(月)から11月21日(土)まで休止。

無症状者61名を検査して、陽性者が10名。陽性者率(陽性者/受検者)は16.4%という数字です。これからこの事業所を利用している高齢者を検査するとしていますから、現在は、利用者の中に症状の出ている方は居ないということでしょう。

区が社会的検査の対象としているのは、介護事業所で従事する方など約26,000人、検査件数は23,000件。そして、上記の事業所で61名の検査が行われ、10名の検査陽性者が出るまでは、709名の無症状者を検査して検査陽性者は3名の結果でした。(下記の表を参照下さい)

・770-61=709

・13-10=3

・陽性者率(陽性者/受検者)=0.42%

ところが今回の検査では前述のように、61名検査して10名陽性、陽性者率16.4%。全員無症状。

今回の検査結果をどう捉えれば良いのか。今日、ある区の幹部職員と話をしましたが「検査の間違いということは無い」「61名の無症状者を検査して10名陽性となる事態は正直、想定していなかった」とのことでした。

これから、この事業所の利用者(無症状で当然、全員が高齢者)の検査が行われます。無症状の利用者から陽性者が出た場合、陽性者が出なかった場合、それがそれぞれ何を意味するのか。区による分析が待たれます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。