toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2014-03-13

世田谷区が学校給食、保育園給食の放射能検査を縮減!?議会で質問しました

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会は現在、予算委員会の会期中です。
本日も、桃野の10日(月)の質疑よりご報告。
テーマは「放射能検査について」
実は、区は、2月末から3月初旬にかけての委員会にて学校給食、保育園給食、区内公園での空間線量の測定頻度を落とすと報告していました。ちなみに、この検査頻度を落とすことで縮減される予算は、230万円です・・・
実は、先の本会議、2月25日の答弁の中で、区長はこう答弁しています。
「福島第一原発の事故は収束どころか、尚現在進行中である」
そう言っていながら、2月28日の福祉委員会や3月3日の環境委員会で、放射能検査の後退を発表するとは・・・
私は委員会での報告を聞き「区長は、言っていることとやっていることが違うではないか」と思いましたし、検査体制は後退させるべきではないと、反対の意見を述べました。
そして、10日(月)の質問では、区長に直接、検査頻度を落とすべきではない、給食丸ごと検査の頻度を減らすなら単品検査を増やす、検出限界値を下げるなどするべきと訴えました。
福島第一原発の事故は、未だ収束とはいえません。
汚染水漏れの事故も相次いでいます。
決して、子ども達の放射能リスクに対して、検査体制を後退させるタイミングではないでしょう。
他の議員からも同様の意見が出た事もあり、区長は給食丸ごと検査の頻度を減らす分、単品検査を増やすかのような答弁をしました。
ただ正確には「工夫できないか検討を指示した」との言質にとどまります。
そして、既に、来年度予算では関連予算を削っています。
実現するためには、実務としての様々な課題があるでしょう。
(特に新たな予算の裏付けをどうするの?)
とにかく区長は「検討を指示した」とのことなので、引き続き質疑の中で、実現の方法などについて質問して参ります。
質問の様子はインターネット中継(録画)でご覧頂けます。
世田谷区議会ホームページ(http://www.city.setagaya.lg.jp/kugikai/index.html

議会中継をクリック

左上の「予算特別委員会」をクリック

左下の「総括説明・総括審議」をクリック

右側の「桃野よしふみ」の「再生」をクリック
スクリーンショット 2014-03-12 18.12.09

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。