toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2013-04-08

小さな宝物たちは、やがて誰かを助け、誰かを幸せにするはずです。

LINEで送る
Pocket

本日は世田谷区立小学校の入学式。
私は地元の明正小学校に伺いました。
ネクタイ姿の男の子や、胸元にリボンをつけた女の子。
凛としたピカピカの一年生です。
まだ幼く、あどけない表情で入学式に臨む子ども達は愛らしく、見守るこちらは思わず頬がゆるみます。
校長先生のお話や、来賓からの祝辞の間、しっかりと膝に手をおいて背筋を伸ばして座っている子、新たに見るものへの興味を抑えられず常にキョロキョロしている子、緊張や不安からか元気がなくなってしまう子、それぞれの様子は、子ども達が見せてくれる成長の過程の1シーンでしょう。
今日からは、お父さんやお母さんが常に近くに居た毎日や、保育園や幼稚園に行くにも保護者の送迎があった日々とは違います。
小さな背中に大きなランドセルを背負って、暑い日も寒い日も、雨が降る日も。
学ぶためには、自分の力で通わなければなりません。
交通事故にあわないよう、犯罪にまきこまれないよう。
それも一人前になるための大きな一歩です。
まだ小さな宝物たちは、やがて誰かを助け、誰かを幸せにする、小さな種であるはずです。
そしてそれぞれ、我々がまだ答えを持たない様々な課題に立ち向かって行く大きな力となるはずです。
だからこそ、叱咤激励しながらも、より多くの目で大切に見守って行くのが、大人達の務めではないでしょうか。
頑張れ!一年生!

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。