toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2022-03-30

昨日の「あべ力也議員に対する懲罰動議」の件。自分と意見が異なる議員に対し、謝罪せよ、恥を知れ、などと声高に主張するのは筋違いでは。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

昨日は今年度最後の世田谷区議会本会議。

10時から議会運営委員会、13時から区議会本会議でした。

本会議では「令和4年度世田谷区一般会計予算」の採決などが予定されていて、午前中の議会運営委員会終了時点では、本日の議会日程全てが終了するのは16:30頃かなと見込んでいました。

ところが。

結果的には、全ての議事日程が終了したのは午後11時30分を回っていました。

深夜まで議会が長引いたのは、追加日程「あべ力也議員に対する懲罰」や、懲罰特別委員会の設置などが行われたことなどから。

昨日は「令和4年度世田谷区一般会計予算」の採決に先立ち、各会派がそれぞれ賛成・反対の意見を述べたのですが、そこでのあべ力也議員の発言が発端となりました。

さて、桃野の会派ではこれまで世田谷区長の新型コロナ対策の中の「社会的検査」なるものに強く反対し、代替策を粘り強く提案し続けてきました。

ウイルスの潜伏期間を考慮せず「行き当たりばったりで」無症状者へのPCR検査をやってもクラスター(集団感染)を抑止することなどできない。抗原検査キットを街頭で早い者勝ちで区内在住・在勤かどうかの身元確認もなく、配布するなどは、貴重な医療資源の無駄遣い。

こうしたことを含めて、区長の新型コロナ対策は全く科学的ではない、合理的ではないと考えたからです。

我々の会派の4人の議員は、関連予算への反対もし、区長のコロナ対策を軌道修正しようとできる限りのことをやってきました。

ところがあべ議員は、桃野の会派の4人以外の全ての議員は予算に賛成(当然あべ議員も含む)したことに言及した上で、

・予算に反対した議員が、予算に反対した自らを正当化するため、区政レポートを作成・配布している

・区長や賛成議員を利用した事実に反する侮辱や誹謗中傷だと私(あべ)は感じる

・あなた(予算に反対した議員)の人気取りのためのプロパガンダ

恥を知りなさい

・(あべ議員含む)賛成議員や区長、全ての行政職員に謝罪すべき

など発言しました。

このあべ力也議員の発言は、予算に対する賛成意見の中で述べられたのですが、先ず前提として、議員が予算の賛成意見の中で述べるのは、主にその賛成理由。場合によっては「予算には賛成するが、この部分には注文を付ける」と言ったことが述べられることもあります。

一方で、自分と意見が異なる議員に対し、意見が異なるからと言ってそれを謝罪せよとか、恥を知れなどと声高に主張するのは全くの筋違いでは無いでしょうか。現に、桃野は区議会議員になってからそのような発言をする議員をあべ力也議員以外に知りません。

世田谷区議会に限らず「意見の違う議員は激しく攻撃する」。そんなことが許される議会があってはいけないと思います。

地方自治法には以下の定めがあります。

第百三十二条 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない。
第百三十三条 普通地方公共団体の議会の会議又は委員会において、侮辱を受けた議員は、これを議会に訴えて処分を求めることができる。

昨日は我々の会派の稗島進議員から処分要求が出され、懲罰特別委員会が設置されました。懲罰については地方自治法で以下定められています。

第百三十五条 懲罰は、左の通りとする。

一 公開の議場における戒告
二 公開の議場における陳謝
三 一定期間の出席停止
四 除名

あべ力也議員に懲罰を課すのか、課す場合にその内容は、について、昨日は継続審議になりました。次回懲罰特別委員会は4月12日(火)10時から開催されます。

あべ力也議員の発言等についてまとめた動画を以下にアップします。ご覧ください。(動画全編は世田谷区議会のサイトでご覧頂けます。3月29日(火)本会議です。)

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント3件

  • 都築 保雄 より:

    あべ力也 議員の誹謗中傷は看過出来ず。 断罪に処すべきです。

  • 小清水和敏 より:

    あべ力也は要らないですよ。昔小沢一郎事務所で不祥事を起こして推定無罪で出入り禁止だそうです。
    除名がよろしい

  • 匿名 より:

    「ある議員」についてはわたしの友人からも「問題あり」と聴いています。なぜ当選してしまうのでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。