toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2014-03-19

保育園・小中学校給食の放射能検査を縮小させないため、予算の修正動議を提出

LINEで送る
Pocket

本日の予算委員会終了。
予算審議は残すところ、24日(日)の「補充質疑」を残すのみとなりました。
我々が、この予算委員会で取り上げて来たのが「世田谷区が放射能検査を縮小する(予算も縮減する)」という問題。
他会派からも質問が出ています。
既にブログでもご報告していますが、世田谷区は来年度から、保育園・小中学校の給食検査の頻度を大きく落とす事を決定済み。
・保育園
給食丸ごと検査を12回/年→6回/年
・小中学校
給食丸ごと検査を8回/年→3回/年
新規に米の単品検査を1回/年実施
(ちなみに、これら検査頻度を落とすことで縮減される予算は、230万円です・・・)
区長はこれまで議会でこう言っています。
「福島第一原発の事故は収束どころか、尚現在進行中である」
本心からそう言っているのならば、なぜ、放射能検査の縮小を発表するのでしょう・・・
私は「区長は、言っていることとやっていることが違うではないか」と予算委員会で直接区長に問いました。
丸ごと検査は減らしても良いが、その分単品検査を増やさなければダメだ。
原発事故は決して収束なんてしてない。少なくとも今よりも検査を後退させるなんてダメだ。
こういった趣旨で予算委員会で質問を繰り返して来ました。
他会派からも質問が出ましたが、区長の答弁を書き起こすと以下。
保坂区長
食材の単品検査をより工夫しながら実施する検討をはじめてもらっています。
従ってその事によって、一食丸ごとの検査とは、又違う、単品と言う部分で様々な情報に目をこらして、検出というニュースに触れた場合にはそういった食品について当ってみるなど、していきたいと思います。
食品汚染の報道なり、事実が出て来た場合には、速やかに検査体制の見直しをはかるなど必要な対応をしていく。
要は、何か新たな汚染のニュースがあれば検査体制を変えると言っています。
「従ってその事によって」と言っているのですから。
区長は「福島第一原発の事故は収束どころか、尚現在進行中である」と言っておきながら、率先して変化を察知して子どもを守ろうという意識が希薄だと言わざるを得ません。
行政の事務方からは「今審議中の予算案では、新たな単品検査を導入することはできません」との言質も得ています。
当然「予算が無くても新規に単品検査は導入できる」と言っている人がいるのであれば、それは詭弁です。
よって我々の会派では、昨日、予算の修正動議を提出いたしました。
区長が減らした230万円を元に戻すことで、単品検査の新規導入を行なうなどし、放射能検査に対する現体制を縮小させないためです。
この修正動議は、24日(日)の「補充質疑」のあと、採決が行なわれる予定です。
最後まで、しっかり頑張ります。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。