toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2021-10-16

世田谷区のコロナワクチン住民接種は11/7から2会場のみ、金と土のみの開設となります。そして都知事は11月から接種完了者に特典付与する仕組みを発表。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

新型コロナウイルス感染症。東京都は本日、都内の新規感染者数を66人と発表しました。100人を下回るのは8日連続。1週間前の土曜日より16人減り、土曜日としては今年に入り最も少なくなりました。

昨年は年末年始にかけてコロナ感染拡大の波がやってきました。新規感染者数が減ってきたと言っても、マスク着用や換気、ソーシャルディスタンスなどの基本的な取り組みは続けたいところです。

さて、この間、接種のスピードが遅く、又「妊婦への優先接種」「予約なし接種」などの取り組みも他自治体に遅れをとってきた世田谷区ですが、接種率が7割を超えて頭打ちになりつつあります。

世田谷区の10月15日時点の発表によると、ワクチン接種対象者のうち、一回めの接種を終えた方が全体の78.4%、二回目の接種を終えた方が全体の71.7%という状況。

コロナワクチン接種の意向のある方は、少なくとも一回は接種しているという状況でしょうか。もし「接種するつもりはあるけど後回しになっている」方はなるべく急いで接種を。

世田谷区の住民接種会場は漸次縮小されてきており「これまで自宅近くに接種会場があったのに、これからは遠くまで行かなければ接種できない」ということが起きています。

世田谷区の新型コロナワクチン集団接種会場は10月16日までは9会場でしたが、その後11月6日までは6会場になり、11月7日以降は以下2会場に、又開設は金曜日、土曜日のみとなります。

保健医療福祉総合プラザ(うめとぴあ内)(世田谷区松原6-37-10)

 ・旧二子玉川仮設庁舎(A棟1階)(世田谷区玉川1-20-21)

2会場とも11/12 、11/13、11/19、11/20、11/26、11/27が接種実施日です。

そして本日、こんなニュースもありました。

都知事が昨日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種完了者のスマホに電子クーポンなどの特典を贈るキャンペーン「TOKYOワクションアプリ」を開始すると発表。11月にLINE公式アカウントを開設、接種完了者はこのアカウントを友達登録し、接種記録などを入力すると、飲食や買い物で使える割引クーポンが付与される仕組みだそうです。

都知事は、特典は事業に賛同する事業者から無償で提供を受けるとしているようですが「お客さんにたくさん来てもらいたい事業者」と「ワクチンを接種した人のみに特典がある仕組み」がうまくマッチするのだろうかとの疑問も感じますが、とはいえこれまで関心がなく接種していないという方が接種のメリットデメリットをしっかりと考えた上で、接種するかしないかを判断する一つの機会になれば良いと思います。

ちなみに桃野は既に新型コロナワクチン2回接種済みです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。