toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2012-04-18

地球に優しい、簡単な取り組み

LINEで送る
Pocket

多くの人が暮らす、大都市東京から大量に排出されるゴミ。
これをどのように処分するか。
ゴミにまつわる様々な問題を解決することは、自治体にとって大切な役割です。
東京都小金井市では「ゴミ問題」で市長が辞任する事態に発展しました。
世田谷区ではゴミの収集、運搬は区が行い、そこから先の処分は23区一体の組織、「東京23区清掃一部事務組合」が担っています。
区民、ひとり一人がゴミを減らそうと意識することは、環境負荷の低減という意味においても、行政サービスのコストを下げるという意味においても、大切なこと。
例えば生ゴミ。
可燃ゴミの中で一番多くを占めるのは生ゴミです。
生ゴミの特徴は水分が多い事。
多くの生ゴミを運ぶという事は、水を運んでいるようなものですから運搬の効率も非常に悪い。
車の燃料をたくさん消費し、排気ガスをたくさん排出する事につながります。
そして、水分が多いので燃えにくい。
ゴミを燃やす段階でも多くのエネルギーが費やされることになります。
地球にやさしく、お金も節約。
そのためにも、生ゴミを減らす工夫に取り組んでみてはいかがでしょうか。
例えば。
食材を買いすぎて腐らせる事がないよう気をつける。
野菜や果物の皮を取り除きすぎない。
ゴミを濡らさないように気をつける。
生ゴミの水切りをしっかりと。
生ゴミを使った堆肥づくりに挑戦。
(堆肥作りについてはインターネットで簡単に情報がとれます)
地球にやさしいあなたの一歩。
簡単な工夫でゴミはもっと減らせます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。