toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2011-12-25

権力は暴走する。それを防ぐのは・・・

LINEで送る
Pocket

本日はクリスマス。
昨日はクリスマスイブ。
三連休の真ん中でもあり、年末。
多くの方が、公私ともにお忙しい時期です。
にもかかわらず、多くの方にお集まり頂き、心より感謝です。
区議会議員としての活動をご報告させて頂きました。
さきの議会で追及し、新聞各紙でも記事になりました、世田谷区の補助事業。
「デジタル・コンテンツ誘致集積支援事業」のお話を中心に2時間半。
皆さんから、たくさんの質問も頂き、双方向で議論できる良い会になりました。
 「デジタル・コンテンツ誘致集積支援事業」については、このブログでも、お知らせしています。
二子玉川を舞台にした世田谷区の補助事業において、2000万円もの補助金(=もちろん税金)が、何の実績もないまま、きれいさっぱり無くなってしまいました。
私の追及に対して、区の幹部職員が相次いで虚偽答弁、文書隠し、文書偽造・・・。
朝日、読売、毎日、日経、東京、都政新報などの新聞でも報道され、大きな事件になっています。
 会に参加頂いた皆様からは、たくさんの質問、ご意見を頂きました。
「新聞の記事だけではわからないことが多かった。今日は疑問が次々に解けた」
「こんな”いい加減なこと”が起きているということを、もっと多くの方に知ってもらわないと」
「なぜ、こんな補助事業がはじまったのか、誰が望んでいるのか疑問」
「区役所職員でも一生懸命やってる人がいる。そういう人が報われない体質だと思う」
皆さんの真剣な眼差しの中、私も丁寧に思うところを話させていただきました。
行政は「権力」を持っています。
「権力」は、国民(区民)の監視が行き届かないと、必ず暴走を始めます。
自分たちの都合のいいように、権力を行使し始めます。
税金の使い方しかり。
私は議員として、情報公開に努め、区民の皆様に「今、世田谷でおきていること」をお伝えする。
一人でも多くの方に、身近な政治に関心を持ってもらう事が、社会をよくすることに繋がると信じます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。