toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2016-06-23

桃野は「区民生活委員会の副委員長を降りる」会派は「代表質問ができない」ということに。会派メンバー異動のご報告。

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。
世田谷区議会の本年第二回目の定例会、昨日が最終日。
その最終日、我々の会派メンバーに異動がありましたのでご報告します。
我々の会派(議会内で活動を共にする仲間)は、昨年4月の改選前、政党に属さない無所属の区議会議員3名からなる会派でした。
(政策が近く、一致団結できるメンバーで一つの会派になった)
そして昨年4月の選挙で、維新の党公認で当選したそのべせいや議員が、我々の会派に政策が近いということで加わって4名の会派に。
ところが今年3月、維新の党が民主党と一つになり「民進党」が結成されたことで、そのべ議員も民進党へ入党。
世田谷区議会には我々の会派とは別に「世田谷民進党・社民党」という民進党と社民党の区議で構成されている会派があるので、そのべ議員は「世田谷民進党・社民党」会派に異動することになりました。
これまで共に、区政課題に取り組んできた会派の仲間がいなくなるのは非常に寂しいですが、所属する政党の事情や、そのべ議員本人の希望もあって、今回の会派メンバーの移動となりました。
区議会の中で、会派の構成人数が4人から3人というのは実は大きな変化で「会派としての代表質問ができない」「委員長、副委員長などを務めることができない」など議会活動に制約が出てきます。
(桃野は、現在、区民生活委員会の副委員長ですが、副委員長を急ぎ降りることになります)
と、まあ、そういうことではあるのですが・・・
桃野を応援してくださる皆さん、区民の皆さんに、ここで改めてお約束します。
議会運営上の決まりについては致し方ありませんが、これらの制約は、区議会議員としての桃野の活動姿勢に何ら変化を及ぼすものではありません。
これからも、税金の無駄遣いを一つ一つ明らかにし、そのお金を必要とされるべき政策にしっかりと振り分けられるよう、ブレずに区政改革に努めてまいります。
新たな会派名は、プラスが取れて「無所属・世田谷行革110番」。
大庭正明議員、田中優子議員、私桃野よしふみの3名で「少数精鋭」、引き続き、いやこれまで以上にエンジン全開で活動してまいります。
■写真はちょっと古いですが、2014年の1月。改めてこの3人で新たなスタートです。
1525275_568023366610365_388682853_n

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。