toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2014-05-16

トゥレット症候群。疾患に対して周囲の理解を得られず苦しむ方が多いといわれます

LINEで送る
Pocket

トゥレット症候群をご存知でしょうか。
「チック」という言葉を聞いた事がある方は多いかもしれません。
チックといわれる神経精神疾患のうち、以下のような症状が慢性的に現れるのがトゥレット症候群です。
・顔面の素早い動き(まばたき、顔をしかめるなど)
・首を振る
・腕や肩を振り回す
・自分の体を触ったり叩いたりする
・短い叫び声
・汚言症(罵りや卑猥な内容)
・うなり声
・ため息
など
病名はフランスの神経内科医、ジョルジュ・ジル・ド・ラ・トゥレットから。
トゥレット症候群は一般的にあまり知られていないため、疾患のある本人や家族の多くが周囲の理解を得られず、苦しまれる事が多いといわれます。
疾患について、周囲が正しい知識と理解を持つこと、適切に配慮をすることが大切なのは言うまでもありません。
このたびトゥレット症候群に対する啓発イベントとして、世田谷区共催にて、上映会が開催されます。
多くの方に鑑賞頂き、疾患について正しい知識を持ち、疾患を持つ方へのご理解をお願いしたいと思います。
■日時
6月1日(日曜日)、14時から15時30分まで。
■会場
成城ホール集会室C・D
■その他
参加費無料、事前申し込み不要。定員90名。
上映後トゥレット症候群の補足説明有り。
お問い合わせは、以下までお願いします。
世田谷区役所 障害者地域生活課(03-5432-2227)
jyoueikai
jyoueikai2
 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。