toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2014-01-21

性格力重視。特に「真面目さ」が仕事の成果に大きな影響?

LINEで送る
Pocket

昨年10月にオープンした「三軒茶屋就労支援センター」。
これまで利用者の方々に、職業紹介、メンタルケア相談、内職相談、社会保険に関する相談などを行なって来ました。
その三軒茶屋就労支援センターに新たな機能が加わり、昨日(1/20)グランドオープン。
オープン式典が行なわれ、桃野も参加してきました。
加わったのは、ハローワーク渋谷と世田谷区が運営する、いわばハローワークの世田谷版「ワークサポートせたがや(※)」。
厚生労働省・東京労働局長の伊岐典子さんによると、渋谷のハローワークを訪れる来所者は年間5万5千人、そのうち世田谷区からの来所は2万5千人にもなるそうです。
式典では「三軒茶屋就労支援センター」の愛称を公募から選んだ「三茶おしごとカフエ」とする事も発表されました。
三茶おしごとカフエ(三軒茶屋就労支援センター)が、渋谷まで足を運ばずとも利用できる身近なハローワークとして多くの皆様の役に立ち、親しまれる施設になる事を期待しております。
※「ワークサポートせたがや」については、厚生労働省東京労働局のサイトをご覧下さい。
さて、その式典に向かう途中、新聞を読んでいましたら日経新聞の「経済教室」が丁度、就業支援をテーマにしたものでした。
【1月20日(月)日経新聞より参照】
■就業支援は「性格力」重視で
2000年にノーベル経済学賞を受賞した米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授は研究で、「性格スキル」が学歴、労働市場での成果(賃金など)、健康、犯罪などの幅広い人生の結果に影響を与える事を明らかにしている。
更に労働市場での成果に絞ってみると、最も強い関係を持つのは「真面目さ」で、その強さはIQ(知能指数)の半分程度。
IQの重要性は仕事が複雑になればなるほど増す。
特に大学教授や上級管理職にとってより重要となるが、「真面目さ」の重要性は仕事の複雑さとはあまり関係なく、より広範な仕事に対して有用だと指摘している。
三茶おしごとカフェでも、性格スキル、とりわけ”真面目さ”の重要性を認識しつつ、そのスキル向上をサポートする取り組みがあるといいのではないかな。
三茶

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。