toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2021-07-31

コロナ禍で子ども達の楽しみも制約されがち。そんな中ですので家族で身近な自然に目を向け生き物探しを楽しむのはいかがでしょう。夏休みの自由研究にも。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

世田谷区の中でも、桃野の地元、砧地域(※)は比較的「水とみどりの心地よさ」を感じられる地域。日々の暮らしの中で多くの野生の生き物に出会うことができます。

桃野が出会って嬉しいのは、例えばカワセミ。

そして、何度か見かけてはいるのですが、まだ写真にはおさめられていないのがタヌキ。夜行性ということもあり、近づくと逃げてしまうということもあり、中々写真を撮るのが難しい。。。

さて、そんな世田谷区ですが、どんな野生の生き物達がどこに、どういう風に暮らしているのか、毎年区民の皆様の力を借りて調査をしています。以下のサイト(世田谷区のサイト)をご参照ください。

まちの生きものしらべ2021に参加しよう!】(世田谷区のサイト)

先ずは調査シート(区のサイトからダウンロードもできます)を入手。その後、調査結果を書き込んで、郵送、ファックス、直接区の担当所管(区役所二子玉川分庁舎2階)に持参、などの方法で提出頂きます。

鳥や昆虫、爬虫類なども含めて調査の対象ですので、野原や河川、公園などを散策してみれば必ず野生の生き物を調査結果にまとめることができるのではないでしょうか。子ども達の夏休みの自由研究にも良いのでは。

コロナ禍で旅行等の自粛が求められている中、子ども達の楽しみもとかく制約されがち。家族で身近な自然に目を向けて、生き物探しを楽しむのも良いのではないでしょうか。

※世田谷区を5つの地域にわけて、各地域に支所が置かれています。(世田谷、北沢、玉川、砧、烏山)

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。