toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2020-03-28

昨日は令和2年度予算案の採決。我が会派は全5件の予算案に賛成。今は行政と議会が一体で新型コロナ対策に注力すべき。

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野芳文です。
昨日は令和二年第一回世田谷区議会定例会の最終日。
本会議にて令和二年度世田谷区一般会計予算他4件の採決などが行われました。
今回の予算特別委員会はまさに非常時の様相。出席理事者(区の部長、課長)がいつもより大幅に少なかったり、質疑内容の多くが新型コロナウィルス感染症に関わるもだったりという状況でした。
昨日の本会議では、世田谷区議会から、国会、政府に対して「新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急対策を求める意見書」を提出する議案もありましたが、こちらは全員賛成で可決。
そして予算案の賛否は、共産党が「令和2年度世田谷区国民健康保険事業会計予算」に反対、「令和2年度世田谷区後期高齢者医療会計予算」に反対しましたが、この2案は賛成多数で可決。「令和2年度世田谷区一般会計予算」「令和2年度世田谷区介護保険事業会計予算」「令和2年度世田谷区学校給食費会計予算」は全員賛成で可決。
我々の会派としても、現区政に対して、様々な注文をつけ、批判すべきは批判してきましたが、今回は先ずは新型コロナウィルス感染症対策、それに伴う様々な事案に注力すべき時と判断し、各予算案に賛成しました。
そもそも、現在の予算案も新型コロナウィルス感染症関連で、大幅に補正されることが必定でしょう。とはいえ、今は先々執行される予算よりも、目の前の問題にどんどんと予算を割き、スピーディーに手を打つことが大切だとも考えています。
以下、予算案に対する我が会派の意見です。
(大庭正明幹事長が議場で意見開陳、以下は議場での発言と一字一句同じではありませんが、趣旨同じです)

無所属・世田谷行革110番・維新」は令和2年度世田谷区各会計予算について賛成し、意見を述べます。
まず最初に、予算委員会における、私たちの会派への答弁は、一部を除き、決して許せるものではありません。また区長の「緊張感の無さ」は、今更の感もありますが、今般の新型コロナウィルス感染が拡大する非常事態においても、馬耳東風であり、残念の極みです。
 政治は言葉です。不用意な言葉、あるいは雑な表現、事実誤認、さらには事実と異なる答弁というものが、もたらす損失は行政不信であり、詰まるところ、自分たち、区職員に二重三重の苦労となって帰って来るのです。
 これから来るかも知れない新型コロナウィルスの感染爆発。そして予想される「緊急事態宣言」。そうなれば多くの区民が巻き込まれるパニック状態になります。その時、何が信じられるのでしょうか。身近な行政を信じることができなければ、まさに行政崩壊であり、国レベルでは国が滅びかねない事態です。
 故に、不用意な言葉、雑な言葉、不正確な言葉、そして事実と異なる言葉については、議会は厳しくチェックしていかなかればなりません。行政執行に携わる皆さんに、今一度、反省自戒を強く求めます。
 さて、世田谷区が直面している災害対策は、現在の新型コロナウィルスだけではありません。刻々と迫り来るであろう首都直下地震もあります。そして、未だ記憶にも新しい台風被害もあります。
 我が会派は、人口が90万人を超す、はるか以前より、「災害対策の中枢機能の抜本的強化」を主張してきました。これが今般の新年度予算において、ようやく目に見える形ではじまります。
 「新庁舎」は、手段に過ぎません。目的はあくまでも、新型コロナウィルス感染症対策にも通じる「災害対策の中枢機能の抜本的強化」です。今後財政的に苦しい状況が来ることは必定ですが、何としても多くの区民を災害から守るためにも、本来の目的に沿って区は着実に実行すべきです。
 世田谷区役所のITC化の遅れは、教育分野、また区内産業分野等を通じて、足を引っ張っているのではないかと考えられます。セキュリティの問題はありますが、やれるところからどんどんやっていくことで、無駄な作業を減らし、有意義な事業に人的資源を集中させられます。
 また、まもなくスタートする世田谷区立児童相談所については、新型コロナ禍という、非常事態での船出となりますが、頑張っていただきたい。
 現在はまさに、東京が、新型コロナウィルス感染拡大の新たな震源地に、なるやもしれぬという状態にあり、世田谷区民の生活がどうなるのか、明日のことさえ見通せません。
 令和2年度の予算のあり方も、補正予算も、新型コロナウィルスの感染拡大次第という要素を含んでいます。また感染拡大期に首都直下地震や台風被害が重なることもあり得ます。
これは、本来考えたくもないことですが、それについて考え、備えるのが行政の役割であるということを強く申し上げて、「無所属・世田谷行革110番・維新」の意見とします。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。