toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2011-12-03

消えた税金2000万円&耐震診断が必要な区の施設

LINEで送る
Pocket

現在、世田谷区議会では、第4回定例会の会期中です。
私も先日、一般質問を行いました。
大きくは以下4つの内容です。
①「区民のお金、2,000万円が消えてしまったのはナゼだ!?」
区民の大切な税金、約2000万円が消えてしまった件の続きです。
区が補助事業者を選定する際に、何をしたのか。
重要な資料を入手することができました。
私の追及に、担当部長の答弁はしどろもどろ。
何を言っているかさっぱりわかりません。
一般質問の時間は10分(答弁時間は除く)ですから、時間切れになってしまいました。
②「いつになったら調査を開始するの?」
この事業の全体像については、「調査委員会による調査・検証」を区長が約束しています。
約束から一カ月以上たっているのに、調査委員会は未だ立ち上がってない。
副区長は「委員会を早急に立ち上げる」と答弁。
遅いです。全く遅い。一ケ月何やってたんだと言いたい。
③「区民センターや図書館を利用中の区民が大ケガなんてことにもなりかねない」
区は、災害に備え、区内建築物の耐震化を促進しています。
もちろん、マンションなど民間施設も対象です。
しかし、なんと!
区施設である「奥沢区民センター」と「奥沢図書館」は、耐震診断すら受けていないという驚きの事実。
それも、その2施設が入居するビルの着工は昭和44年。
区が、「より耐震性が劣ると推定され、重点的に耐震化にとりくむべき」としている昭和46年以前の建物であるにもかかわらず!
④「そんな状態で、区民の安全を守ることなんてできないしょ・・・」
区役所には、災害時に第一次非常配備態勢をとり、災害活動に従事することになっている職員が一定数います。
なんと。その職員の職員住宅も、旧耐震基準のまま、耐震診断未実施。
このような状況で、必ず来ると言われている首都直下地震の際、区民の安全を守ることができるのでしょうか。
世田谷区議会では、本会議の様子をインターネットでご覧いただけます。
http://www.discussvision.net/setagayaku/index.html
・私の一般質問は、左下の11/29の「収録内容を表示」をクリック。
・右側中段の「再生」をクリック。
・私の質問は17:55ぐらいのところまで早送りして頂くとはじまります。
是非、一般質問の様子を動画でご覧ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。