toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2015-02-12

「爆弾三勇士の歌」「愛国行進曲」そして「アナと雪の女王」。その共通点とは?

LINEで送る
Pocket

今日の東京の最高気温は14℃。
”このまま一気に”とはいかないようですが、春は確実に近づいているようです。
さて、春の風物詩の一つ「選抜高校野球大会」が、3月21日に開幕します。
開会式での入場行進曲は「アナと雪の女王」の劇中歌「Let  It  Go~ありのままで~」
ちなみに過去5年の入場行進曲を見ると。
・2010年 My Best Of My Life  (Superfly)
・2011年 ありがとう (いきものがかり)
・2012年 Everyday、カチューシャ (AKB48)
・2013年 花は咲く (NHK東日本大震災復興支援ソング)
・2014年 恋するフォーチュンクッキー (AKB48)
いずれも、前年のヒット曲から選ばれているようですね。
でも過去、必ずしもそういったケースばかりではありません。
例えば1932年第9回大会の入場行進曲は「爆弾三勇士の歌」
他には1938年の「愛国行進曲」
1939年の「大陸行進曲」
1940年の「紀元二千六百年奉祝歌」
1941年の「国民進軍歌」
なども。
Wikipedia参照(選抜高等学校野球大会入場行進曲)
このように軍歌などが演奏された時代もあります。
(軍部の意向が反映していたとも言われています)
嫌な世相の影はスポーツにも。
努力を積み重ね、磨いて来た技術。培って来た体力。練り上げた戦術。
それを競う合う晴れのグランドに集う高校生達が、軍歌で行進をする。
二度と繰り返したくは無い景色です。
さて、今年は第87回大会。
出場校は「21世紀枠」の3校も含めた32校。
選手達の力いっぱいのプレーが放つ輝きを楽しみにしています。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。