toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2013-12-27

桃野よしふみ三大トピック振り返り①(世田谷区長の政治資金パーティーの実態)

LINEで送る
Pocket

今年一年を振り返り、桃野よしふみ三大トピックを綴ってみたいと思います。
区民の皆様から頂いたご意見の数、ネット上での反響などをもとに判断しました。
(他者からの評価による桃野よしふみのトピックスです)
先ずは第三位をご紹介。
この一年私は、現・世田谷区長の政治姿勢には批判的に見る事が多かったのですが、これはその中でも大きい出来事でした。
「世田谷区長の意外な資金力。区長の給与以外にナント、22,000,000円超の収入。。。」(10/18ブログアップ)
ちなみに、区長の政治団体「保坂展人と元気印の会」、平成23年の収入は2,218万円です。
※東京都選挙管理委員会が公表している資料最新版より
※もちろん世田谷区長のとしての収入は別
「保坂展人と世田谷の未来をひらく会」という政治資金パーティーについての話。ポイントは3つ。
①パーティーの呼びかけ人
呼びかけ人になっているのが、区内商業団体、工業団体の長を中心とした方々。
当然、区から補助金をもらう立場の人が多く含まれます。
補助金をもらう側が、補助金を払う側を応援するわけですから、その意図は推して知るべし。
常に、「草の根」とか「市民目線」とか「しがらみの無い政治」とか、そういうイメージで売って来た保坂区長。
それが、こうやって業界・団体のバックアップを受けて多額の政治資金を集めているというのはいかに。
②パーティーの参加メンバーについて
政治資金パーティーに、政治的中立が求められる地方公務員たる世田谷区役所職員を勧誘していました。
人事権を持つ、いわば上司からの勧誘ということになりますので、断るのは勇気がいるかもしれません。
区長からすれば、多くの人からたくさんお金を集めたいということなんでしょうけど。
③パーティーの案内状にみる”二枚舌”
パーティーに「お誘い状」が2パターンあることもわかりました。 パターン①は業界・団体の名前がばっちり記載されていて、お金の振込先は「保坂展人と世田谷の未来をひらく会」の口座。
そしてパターン②は業界・団体の名前は一切記載されておらず、お金の振込先はゆうちょ銀行の「保坂展人と元気印の会」の口座。
招待状を受け取る人のパーソナリティーにあわせて、お誘い状を使い分けてるようですね。
(業界・団体が呼びかけ人になっている事にアレルギーを感じるだろう人には、元気印の会として発送ということなのでしょう)
こんなことして人に信用されるのかな。イベントに参加すれば、右も左も鉢合わせするわけだし。はっきり言って誠実でないやり方ですね。
これまでもそのように接してきましたが、世田谷区長には、政治資金や選挙のことは脇において、誠実に世田谷区政に取り組んでもらいたいと思います。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。