toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2013-08-09

ヘルプカードを見かけたら

LINEで送る
Pocket

ヘルプカードをご存知でしょうか。

障がいのある方などが、日常生活の中で困った時、又災害時に支援を求める際などに周囲に示すカードです。
カードには、緊急連絡先や、携帯している人にとって必要な支援内容などが記載されていますので、提示される事がありましたら、ご支援を頂きたく思います。
現在東京都内の市区町村において(もちろん世田谷区も)「ヘルプカード」を作成・配布し、このカードに対する周知を進める活動を行っています。
もしも私がヘルプカードを提示されたら。
ヘルプカードを利用される方には、聴覚障がい者や内部障がい者、知的障がい者など、一見、障がい者とはわからない方も含まれますので、ヘルプカードが提示されたら、落ち着いて、カードの記載内容に沿った支援ができるよう、心づもりをしておきたいと思います。
一方、障がいをお持ちの方の中には、支援が必要な時に、適切にこのカードが提示できない方もいらっしゃるのではないかとも思います。
ヘルプカード、もっと便利に、良いモノにならないか福祉部門の専門家からもご意見を伺いたいと思います。
そして。
時々電車やバスの中で「妊娠している」事を示す可愛いマーク(マタニティマーク)を鞄などに付けている方を見かけます。
マークを見かけた方は、積極的に席を譲るなどの配慮をされているのではないでしょうか。
ヘルプカードも、もっとデザイン的にカッコイイ、あるいは可愛いものにして、マタニティマーク同様に周知が進む必要がありますよね。私もアイデアを出していきたいと思います。
こちら、おなじみの「マタニティーマーク」

かわいい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。