toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2022-04-30

ガレットのランチが人気の「セタビカフェ」。ピーターラビットの世界観を表現したコース料理を提供中の「ル・ジャルダン」。どちらもおすすめです。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

ゴールデンウィークに入りました。国や自治体が(新型コロナウイルス感染症対策として)移動の自粛を呼びかけることのないゴールデンウィークは2年ぶり。航空、旅行などの需要も回復傾向が顕著のようです。多くの方が感染対策には留意しつつ楽しいゴールデンウィークを過ごされることを祈っております。

世田谷区内にもゴールデンウィークを楽しめるところはたくさんありますので、この機会に是非足をお運び下さい。例えば世田谷美術館。砧公園の中にあり、大人も子どもも楽しめる美術館です。

只今の催しはピーターラビット展。6月19日まで。世田谷美術館の休館日は毎週月曜日ですが、ゴールデンウィーク中の5月2日(月)は開館しています。開館時間は午前10時から午後6時まで(入場は午後530分まで)。

いたずら好きなウサギ、ピーターラビットを描いた物語は、なんと出版から120年も経つそう。世界で長く愛されていることがよくわかります。

世田谷美術館にある本格フレンチレストラン「ル・ジャルダン」では期間中、ピーターラビット展とのコラボメニューも提供しています。ピーターラビットの世界観を表現しつつ、作者の出身イギリスの代表料理をル・ジャルダン風に仕上げたコース料理が税込5,000円。

・牛肉を使った「一口ミートパイ」

・ピーターが好きな野菜をたっぷり使用した「オードブル」

・さっぱりとした味わいの「人参スープ」

・魚料理、肉料理にはイギリス代表料理である「フィッシュ&チップス」「ローストビーフ」

・デザートは『ピーターラビットのおはなし』絵本出版120周年を記念したバースデイケーキをイメージした「ケーキとデザートの盛り合わせ」

(写真はル・ジャルダンのサイトから)

もう少し気楽に食事を楽しみたい方には「セタビカフェ」もあります。こちらはガレットのランチが人気。ガレットは各種980円、ドリンクセットは1,230円。砧公園の緑から差し込む木漏れ日に包まれて食事ができるオープンテラスもあり、天気に恵まれるととても気持ちのいい時間を過ごすことができます。

(写真はセタビカフェのサイトから)

両レストランとも美術館の入場者に限らずご利用頂けます。砧公園の散策とあわせてのお食事もおすすめです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。