toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2020-01-16

都内屈指の観梅の名所です。喧騒を離れ、紅梅白梅に囲まれた路をゆっくりと散策するのは気持ち良いですよ。

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野芳文です。
今年の冬は、例年と比べて気温が下がりませんね。ニュース番組を見ていても「暖冬」という言葉が聞かれます。
日々、朝の駅頭活動に勤しむ身としてはありがたい。。。
昨年のこの時期のツイートをみると「風が強くしびれる寒さ」って書いてましたが、この冬はまだ「しびれる寒さ」は経験していません(笑)


さて、寒い冬が去れば春がやってきます。

世田谷に春を告げる風物詩といえば「せたがや梅まつり」。
喧騒から離れて、羽根木公園の梅林をゆっくりと歩くのは気持ちの良い一時です。
お祭りとと言っても穏やか、のどか。こうしたお祭りも良いものです。
今年の梅まつりで43回目。
この地に当時の区議会議員が55本の梅の木を植樹したのが1967年、現在は紅梅270本、白梅380本、計650本の梅の木が我々を楽しませてくれるようになりました。今や都内屈指の観梅の名所と言っていいでしょう。
世田谷区のサイトから、現在の梅の開花状況を見ると白梅1本、紅梅4本の木が花をつけているよう(1月7日時点)。
スクリーンショット 2020-01-16 15.12.05
今年の梅まつりは、2月8日(土)から3月3日(日)。桃野も期間中に足を運ぶ予定です。
【第43回せたがや梅まつり】
日程  令和2年2月8日(土曜日)~3月3日(日曜日)
時間  10時~16時
会場  羽根木公園(小田急線梅ヶ丘駅 徒歩5分)
今年も各模擬店、野点、箏曲演奏、俳句作品の募集などあります。
IMG_1968

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。