toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2012-03-06

検証委員会は「区が調査に非協力的」と言いたげです。

LINEで送る
Pocket

昨年6月より一貫して追求してきました世田谷区の補助事業。
区民の大切なお金が失われてしまいました。
既にブログでもご報告していますが、区役所外部の委員による検証委員会の検証結果が公表されています。
検証結果は世田谷区のホームページからご覧いただけますので、是非ご覧ください。http://www.city.setagaya.tokyo.jp/020/d00037688.html
検証結果には、私が議会で追及してきた事の多くが認定されています。
世田谷区が、何とずさんに、事業者(NPO法人A)を選考し、何とずさんなチェックでお金を支払ったか。
改めて、読めば読むほど、怒りがこみ上げてきます。
・公募に応募した5団体の中で、NPO法人Aだけが、必須書類である決算報告書を提出していない。
・にもかかわらず、区は応募を認め、更に「財務状況」の評価項目に何の根拠もなく5点~7点の高得点をつけている。
・いかにも、NPO法人Aに便宜をはかり選定したと言える。
更に、区役所がこの検証委員会に対して、行ったことも検証結果に記されています。
これが又ヒドイ。
以下、検証結果+桃野の調査。
・検証委員会は、区の担当所管に、保有している文書ファイル全ての閲覧を求めた。
・検証委員会が調査を進める過程で、「閲覧していない」書類があることが発覚。
・担当所管は一部の書類については「捨てた」と説明。
・検証委員会は、他にも、「区から提供されるべき資料が出てこず、調査の実施に多大な影響を与えた」と記している。
 私も、この問題を追及する過程で、世田谷区役所に、虚偽答弁、文書隠し、さんざんやられました。
しかし、さすがに、区役所は、検証委員会の調査には、観念し、誠実に対応するかと思ったのですが・・・。
検証委員会の調査結果に、「区から提供されるべき資料が出てこず、調査の実施に多大な影響を与えた」と記されるなんて。
呆れてモノが言えない。
 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。