toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2018-03-31

「桃野よしふみタウンミーティング」を開催。冒頭、DVDを放映する新たな試みも。皆さんから沢山ご意見を頂き感謝!

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。
本日は「桃野よしふみタウンミーティング」を開催。
年度末の週末、朝から足を運んでいただいた皆さんに、心より感謝です。
ありがとうございます。
今日のメインテーマは、これまで桃野が取り組んできた「支援措置」について。
冒頭、桃野の取り組みも含めて放送されました、テレビ朝日のドキュメント番組「テレメンタリー」をDVDで皆さんに見ていただき、世田谷区のDV(ドメスティック・バイオレンス)被害者やストーカー被害者への対応が、如何に危険かということを解説、桃野が区側に提言し続けている新たな施策についてもお話しさせていただきました。
そして、その取材の過程で起きた区による「取材を妨害する行為」、現区政の「都合の悪いことは隠す」という体質についても、情報開示請求を通じて入手した文書を示しながら皆さんに説明。
当然、皆さん驚かれていましたね。「世田谷区、そんなことやってるんですね。。。」と。
区政で今起きていることを区民の皆さんにガラス張りでお伝えし「これは変えなければいけない」と共感していただくことが、区政を変える大きな力になります。世論は大きな力。世田谷区の「支援措置」について、新たな仕組みづくりに関しても様々ご意見をいただきました。
そして、世田谷区議会の予算特別委員会での質疑の中からいくつかのトピックスをお話し。
北沢小学校統合に伴っての「スクールバス運行」と、「託児機能付きワークスペース」事業については、議会から予算の組み替え動議が出て、区長が事業見直しを表明した件についても解説をさせていただきました。
最初の選挙に当選直後からですから、もう7年ほどタウンミーティングを数ヶ月に一度のペースで開催してきましたが、会の雰囲気もどんどん良くなっているように思います。(参加いただいている皆さんのおかげです!)
参加者が増えて行く事も本当にありがたいのですが、加えて、参加者の皆さんが活発に意見や質問を寄せて下さるようになってきた事もとても嬉しい。
タウンミーティングは、桃野にとって、区民の皆さんの声を直接聞かせていただける貴重な機会になってますし、区政に取り組む上で毎回多くの気づきを頂いています。
これからも区政課題に光を当て、課題解決に力を尽くします。
そして、区民の皆さんに、駅頭活動、区政レポートの発行、タウンミーティングでの意見交換などを通じて区政をガラス張りに。
皆さんの声を区政改革の力にし、取り組みを進めてまいります。
「まだタウンミーティング参加したことない」という方も、是非一度足をお運びください。
皆様の声、区政にしっかり届けてまいります。
■参加者の皆様、会の運営にご協力頂いているボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございます!
DSCF7579

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。