toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2016-09-01

秩序とは安定。それが悪しき安定であっても崩そうとすれば、猛烈な抵抗が待っています。小池都知事「都政改革本部」設置

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。
先日誕生した小池百合子新都知事。
就任早々「都民ファースト」を掲げ、「既得権益」に切り込む姿勢を鮮明にしています。
さて、今日は兼ねてから小池都知事が都民に約束していた「都政の大改革」に向けて一歩を踏み出す日となったようです。
本日9月1日、小池都知事は都や関連団体の業務を点検し、改善策を検討する「都政改革本部」を設置しました。
こちらはNHKのニュース→「都政改革本部きょう初会合 東京五輪予算の妥当性など検証へ
「都民ファースト、情報公開、税金の有効活用という三つの視点から、前例にとらわれず全庁横断で、都政の透明化を始めとする大改革を進めたい」
都知事はこう語っています(9/1・東京新聞夕刊より)
長年にもわたり引き継がれていたこの世界の秩序を組み替えるというのは、並大抵のことではありません。まさに政治生命をかける覚悟があってのことでしょう。
秩序とは安定。
例えば、それが悪しき力を含んだ安定であっても、その安定を崩そうとすれば、猛烈な抵抗が待っています。
桃野の考えでは、まずは情報公開。
あらゆる点で、都民にモノが見えるようにすること。
(それがまた多大な抵抗が有り難しいのですが・・・)
それが都民ファーストというテーマの根っこになるはずです。
桃野も、微力ながら都知事選にて、小池都知事を応援した一人です。
引き続き、小池新都知事の都政改革に期待をし、応援をする。
そして、世田谷区議会議員として、世田谷から改革の機運を盛り上げてまいります。
13690730_1047302645349099_6262237994513761191_n

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。