toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2016-06-21

桃野もパネリストとして参加!「世田谷ナンバー問題」裁判報告会は6/24(金)7時より北沢タウンホールです。

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。
ブログでは久々の「世田谷ナンバー問題」。
自動車のナンバープレートのお話です。
世田谷区内の自動車のナンバープレートが「品川」から「世田谷」に変更されたのが2014年の11月。
未だお気づきでない方もいらっしゃいますが、これは選択制ではありません。
区内在住の方が、車を新規に購入された場合、その段階で全ての車が「世田谷」ナンバーに切り替わっていきます。
世田谷ナンバーは、現世田谷区長の強い意志により導入されたものなのですが、桃野は当初より世田谷ナンバーの導入に強く疑義を抱いていました。
その理由は・・・
・区民の意志とは関係なく、現区長が強く望んだことで導入された
・導入の理由は「運転マナーが向上する」など意味不明で、導入効果など全く期待できない
・なぜ区役所が貴著な税金をかけて導入を推し進めるのか
・現区長が選挙目当て、業界団体の要請に独断で乗っかったものである
などです。
もし区民の多数が賛成するのなら、「品川ナンバーは廃止、世田谷ナンバーに変更」ということにも決して反対するものではありません。
実際に、新規ナンバープレートが歓迎されている地域もあるでしょう。
しかし、桃野が区民の方とお話している限り「品川の方が良かった」「どちらでもいい」という方しかおらず、区民の意志が反映された結果とは思えません。
区が行ったという区民アンケートについても疑惑だらけです。
ということで、まずは導入の差し止め、その間に数々の疑惑を明らかにしようとの、最初の裁判が2013年の8月に提起されました。
そして、紆余曲折あり、いよいよ区の職員が証人喚問されるという段階になっております。
これを期に「世田谷ナンバー裁判、報告会」が開催されますので、皆様にご案内です。
アンケートの疑惑を明らかにする統計学の専門家、導入経緯の不透明性を指摘する弁護士の他、桃野も区政の動き、区議会での動きなどご報告すべく、パネリストとして参加いたします。
皆様、是非足をお運びください。

・6月24日(金) 19:00〜20:30
・下北沢駅徒歩4分、北沢タウンホール 3階 ミーティングルーム
・参加無料
(備考)
裁判での証人喚問は7月12日(火)13:30-15:30、東京地裁527号法廷です。
こちらも、どなた様も傍聴可能です。
スクリーンショット 2016-06-21 10.27.42
 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。