toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2011-10-06

応援しています。少年少女たち。

LINEで送る
Pocket

今日は、午後より、世田谷区の姉妹都市、オーストラリア・バンバリー市の小学生が世田谷区議会を訪問してくれました。
小学校7年生、8年生の男女14名に引率者等を加えた17名。
明日からは、三軒茶屋小学校を訪問したり、芦花ホームでお年寄りと交流したりといった旅程となっています。
今日は、議長からの歓迎挨拶(英語)、記念品の交換の他、歌の交換も。
我々、世田谷区議会議員は「ふるさと」を合唱。
すると、訪問団の皆さんも「ふるさと」を練習してくれていたようで、二番を日本語で歌ってくれました。
その後、日本語でもう一曲、「千の風になって」。
東日本大震災の被災地への思いを込めて歌ってくれました。
さらに、ダンス付きで彼らからの歌の贈り物。
とても楽しいひと時になりました。
彼ら、彼女らはこれから、どんな人生を過ごすのでしょう。
日本で見たもの。日本人と接して感じたこと。
どう受け止めて生きて行くのでしょう。
今回の旅で「日本の良さ」を感じてくれるだろうか。
思い返してみると、私が初めて海外の地を踏んだのは大学生の時。
見るものすべてが新鮮で、初めて会う人々の多くが、楽しい時を与えてくれました。
その後、訪れた全ての国で、「その国の素晴らしいところ」を感じ取っていたと思います。
10代で日本を訪れたオーストラリアの少年少女たち。
彼らの人生を蔭ながら応援しています!

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。