toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2012-08-12

中学生46名のメンバーからなるジャズバンド。ドリームジャズバンド

LINEで送る
Pocket

本日は「ドリームジャズバンド」の公演へ。
昨年に引き続き足を運ばせて頂きました。
「ドリームジャズバンド」は、世田谷区の中学生46名のメンバーからなるジャズバンドです。
世田谷区教育委員会が主催する「通常では体験することのできない先駆的・先進的な学習、体験に触れる機会を提供する、才能の芽を育てる体験学習事業」の一環として行われ、今年で8回目。
日本が誇る世界的なトランペット奏者である日野皓正さんを校長に迎え、4月末から約30回の練習を重ねてきました。
日野皓正校長は、69歳と思えないパワフルな指導。
全身で音楽の楽しさを伝える姿勢に中学生たちも引き込まれ、みるみる上達していくようです。
日野皓正校長以外にも、そうそうたるミュージシャンが指導役に名を連ね、子どもたちも真剣そのもの。
今日の本番では、聴くものの心を揺さぶる素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
日野校長曰く、バンドが結成された当初は、「これで大丈夫かな」と不安な気持ちでいっぱいだそうです。
それが練習を積み重ねていく度に、子どもたちの奏でる音色はどんどん変わり、情熱があふれだす。
そんな逸話をたくさん聞かせていただきました。
いわゆる「普通の」中学生たちが、世界を舞台に活躍するジャズプレーヤーの熱血指導で、人の心を揺さぶる音楽を奏でるまでには、多くの出来事があるでしょう。
多くの仲間と力をあわせて、課題を乗り越えていく。
目標を一つにして、向かっていく。
そして、目標を達成し、仲間と絆を育む。
子どもたちの心には大きな財産が残るに違いありません。
子どもたちが、こうしたリレーを次の世代につないでいけるよう、私も頑張りたいと思います。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。