toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2021-01-11

成人式。杉並区長は実施、世田谷区長は中止に。違いは新成人を大人と見るか子どもと見るか。

LINEで送る
Pocket

 

世田谷区議会議員、桃野芳文です。

東京は好天に恵まれた成人の日。コロナ禍で開催が危ぶまれたラグビー大学選手権ですが無事、国立競技場で開催されました。

天理大学が初優勝。早稲田大学、明治大学、帝京大学、関東学院大学、同志社大学、法政大学、慶應義塾大学、大東文化大学、日本体育大学(以上優勝回数順、wikipediaより)に続いて、10校目の優勝校となりました。天理大学ラグビー部の皆さん、関係者の皆さんおめでとうございます。年齢は把握していませんが、 両チームともに2年生が出場していましたので、彼らは新成人の日を国立競技場のグランド上で迎えたということでしょうか。そうならば素晴らしい体験だったと思います。

ちなみにこの試合は有観客試合。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令で、大規模イベントは最大5,000人かつ収容率50%以下に制限されていますが「既に販売したチケットは適用されない」との政府見解を受け、販売済みの約1万7,000枚のチケット分は入場可能として開催されました。キャンセルをした方もいらっしゃるとは思いますが、テレビ中継を見る限り、チケットを買った方は概ね観戦をしていたのではないかな。

そして本日は成人の日。世田谷区では「新成人のつどい」を中止して、オンライン配信のみという形となりました。

上記の桃野ツイートは1月5日のもの。その後、新宿区は式典を中止し、ライブ配信、会場に撮影用の金屏風設置などの対応をしたようです。以下新宿区のサイト。

令和3年 成人の日「はたちのつどい」】(1月11日 新宿区のサイト)

一方、予定通り、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で開催したのは杉並区。


ニュースは、以下伝えています。

・杉並区の田中良区長は「杉並区が成人式を強行したというムキもあるが事実は違う」と切り出し「事実は開催予定の自治体に国と都が強硬に迫って、結果的に私だけが残った」と話した。

・国と都が問題視しているのは式典ではなく、その後に宴席が行われるかもしれないことだと指摘。「私は少し考えが違う。まずはあなたたちを信頼したい。その上で約束してほしい。酒盛りは控えて家に帰ってください」と訴えた。

・式典後、新成人の男性は本紙の取材に「信頼されているので気を引き締めたい。同窓会も中止になっているし家に帰ってご飯を食べたい」と話した。

杉並区長は「もう皆さんは成人ですと言いながら、若者はコロナ禍でも気に留めず酒盛りをするものだと信用せず、式典を中止にするのはおかしいのではないか」と言っているのでしょう。

杉並区長と異なり、成人式(新成人のつどい)を中止にした世田谷区長。新成人から「その他の大規模イベントは条件付きながら開催されてるのに、なぜ成人式はダメなのか」と聞かれたらなんと答えるのでしょう。

■例年は新成人で賑わう式典

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。