toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2012-03-08

世田谷区長の「文書隠しを正当化するような弁明」について

LINEで送る
Pocket

予算特別委員会。
昨日は「総括」です。会派の持ち時間は32分。
私は、10分程度の質問時間を使い、区長に2点の質問をしました。
主旨は以下です。

区長は「情報公開」を看板政策に掲げているが、看板に偽りがある。
本当に「情報公開」をすすめる気があるのか。
【質問詳細】
ブログでも何度かご報告していますが、「区の補助金の使い方に問題がある」と追及を続けています。
役人は虚偽答弁、文書隠しで、追及を妨害。
私は、文書隠しに対して、審査会に「不服申し立て」を行い、争いを行っています。
しかるに、その審査会に区長の名前で「文書隠し」を正当化する弁明が提出されました。
本当に「情報公開」をするつもりがあるのか。
区長に直接問いました。
【区長の答弁】
(弁明は)過去の世田谷区の文書の取り扱いの姿勢を示したもの。
今後はあのような文書は情報公開の対象だと考えている。
区長の「公開の対象」との答弁は真っ当なものでした。
しかし、ならばなぜ「文書隠しを正当化するような弁明」を審査会に出してくるのか良くわかりません。
今後は、このような事がなきよう態度を改めてほしいと再度訴えました。

一般質問で取り上げましたが、区長から答弁が無かったので、再度区長に質問。
区の一般職員が使う「運転手付の車」は区民感覚と離れている。
やめるべきだ。
【質問詳細】
世田谷区の一般職員が利用している運転手付の車が8台ある。
徒歩10分の距離や電車で5分の距離に運転手付の車で移動する一般職員がいる。
そして、運転手8人の稼働時間は平均で一日3.4時間。
しかるに正規職員運転手のモデル年収は670万円。
そんなことをやっているのかと、区民は怒っている。
区長の感覚ではどうか。
【区長の答弁】
「区役所の公用車がしっかり稼働して役に立つということが必要だ」
先の本会議で質問し、一般職員用の運転手は廃止し、運転手は職種間異動(清掃車の運転等)で別の仕事をさせるべきと主張しました。
その際、区長は答えず、財務部長が「運転手付の車は必要」「もっと活用する」と答弁。
区長はどう考えているのか、再度ただしましたが、答えはコレ。
全く区民感覚を持ち合わせていないという事が判明。
世田谷区長。
言っている事とやっている事が違うのではないかと感じる2つの答弁でした。
運転手の件は引き続き、区長に訴えたいと思います。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。