toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2017-03-25

本日は「桃野よしふみタウンミーティング(区政報告会)」多くのご意見、ご質問も頂き大変盛り上がりました!

LINEで送る
Pocket

世田谷区議会議員、桃野よしふみです。
本日は、桃野よしふみタウンミーティング。
年度末のお忙しい時期にたくさんの方に集まっていただきました。先ずもって足をお運びいただいた皆様に心より感謝です。
17492847_911931615614473_8680936327606670270_oのコピー
世田谷区議会は、現在、予算特別委員会の真っ最中。
そんなタイミングもあり、世田谷区の財政状況や今後の見通し、区の財政当局の考え方、それに対する桃野の考え方や政策などを中心にお話をいたしました。
ざっと、簡単に言うと(丸めた数字ですが)世田谷区の予算は3,000億円。そのうち、国や都からの補助金で使い道が決まっているものが1,000億円。
残り2,000億円のうち、人件費と施設維持費を合わせると1,000億円
残り1,000億円のうち、300億円が国民年金の不足分等社会保障費の穴埋めに充当されます。
残った700億円が純粋に世田谷区の事業として自由に使えるお金。
スクリーンショット 2017-03-25 17.03.38
しかし、今後の財政見通しでは、この700億円のうち、年間65億円程度を削減していかないと、区の財政赤字がどんどん膨らんで破綻に向かっていくという話。世田谷区は今、公共施設の整備・維持管理費用の抑制を一つの政策に掲げて取り組みを進めています。
そんな大きな流れをご説明し、財政規律とも強く関連する行政改革について、桃野が取り組む政策をご報告いたしました。
国民健康保険の不納欠損額の縮減、そしてまさに公共施設の工事などに関連した支出の問題など。具体的に政策内容についてお話しするよう気をつけましたので、皆さんにもご理解を頂けたのではないかなと思います。
途中、参加いただいた皆様から多くのご意見、ご質問を頂き、大変盛り上がりました。回を重ねるごとに、発言してくださる方が増えて、今や終了時間が気になってしまうほど。嬉しい悲鳴です(悲鳴は大げさですけど)。
終了後は恒例のボランティア・スタッフとのランチミーティング。ここでは、会の進行も含めてより良い内容となるよう即、振り返りです。いつも区政報告会の開催に協力してくれるボランティア・スタッフにも心より感謝。
pasta
さて、本日はこれから地元区立小学校の「おやぢの会」の会合&懇親会。
そして、来週火曜日の本会議で、会派として平成29年度一般会計予算に対する反対意見、住宅管理条例等の議案に対する意見を壇上で述べる予定になっていますので、その準備もしなければ。
世田谷区議会の第一回定例会も来週で閉会。その後は少し息がつけそうなので、もう一踏ん張り頑張ります!
・赤線が「このまま進んだ場合」の区の借金の見通し
・黒線が「支出抑制策を前提とした」区の借金の今後の見通し
・一番下の線は基金残高

17362618_10155229081660774_5628126865620306457_n

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント1件

  • 栗原 陽子 より:

    昨日のダウンミーティング、大変勉強になりました。参加させて頂いてありがたかったです。つたない意見でしたが発言の機会を頂きありがとうございます。関西出身の方がフェイスブックで桃野先生を応援しているという方の話は刺激になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。