toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2011-10-28

「道路」、「踏切」、「カラス」、「車」、皆さんの困りごとは?

LINEで送る
Pocket

世田谷区では、毎年、「世田谷区民意識調査」が行われます。
本年の調査は「世田谷区民意識調査2011」。
区民の皆さんが、区政に対してどのような意見や要望をお持ちなのか。
きちんと把握し、区政をより良い方向に進めて行くための資料になります。
調査対象は世田谷区内在住の満20歳以上の男女個人。
対象数は2,000人。
有効回収率は65.7%。
平成23年5月28日~6月13日にかけて行われました。
「区が積極的に取り組むべき事業は?」
「(区役所の窓口などでの)区の職員対応は?」
「あなたが知っている区政の取り組みは?」
などの質問が並びます。
調査結果を見ると、数年来、区民の方が要望し続けている課題も浮き彫りに。
例えば、「地域における困りごと」を訊ねた質問では、平成18年度から6年続けて「道路が狭くて危険」が第一位。
道路を広げるには、現在沿道にお住まいの方、また使用されている方の合意などが必要です。
一朝一夕に進めることが難しく、また解決方法の選択肢がたくさんあるわけではありません。
区民の皆さんのご要望にお応えするべく、粘り強く取り組んで行かなければならない課題ですね。
また、「地域における困りごと」をエリアごとに見ていくと、より地域特有の現状を知ることができます。
「世田谷区民意識調査2011」より「地域における日常生活での困りごと」、地域別の第一位。
【道路が狭くて危険】
北沢西部
砧北部
砧南部
世田谷西部
世田谷東部
【踏切がなかなか渡れない】 
烏山
北沢東部
【カラス等の鳥獣による被害】
玉川北部
玉川南部
【車など交通が激しい】
玉川西部
面積58㎢と広い世田谷区ですから、地域性も異なります。
時間のかかる課題もありますが、私も議員として、少しずつでも前進させていきたいと思います。

※「世田谷区民意識調査」は区立図書館や区政情報センターで、どなたでもご覧いただけます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。