toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2014-04-06

昨年の交通事故による全国の死者数は4,373人で、5年連続の4千人台

LINEで送る
Pocket

春の交通安全週間が始まりました。
世田谷区内でも地域の皆さんが運営するテントが立ち、交通安全の啓発活動を行っています。
街ではパトカーや白バイを、いつもよりも頻繁に見かけますね。
今年の春の交通安全週間は4月6日(日)から15日(火)までの10日間。
そして、4月10日(木)が「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。
花見の季節でもあり、屋外でお酒を飲む方もいらっしゃると思いますが、飲酒運転はいかなる理由であっても許されません。
「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」の徹底を。
当然、飲酒したら、自転車の運転もいけません。
信号の順守や一時停止のルールも自転車は、自動車と同様です。
そして、この時期は、小学校新一年生が、子どもだけでの通学を始めます。
大人がしっかりと、交通ルールや交通マナーを教え、安全な通学ができるように促してあげることも大切でしょう。
昨年の交通事故による全国の死者数は4,373人で、5年連続の4千人台。
13年連続の減少となっています。
しかし、減少傾向とはいえ、新聞テレビ等では、痛ましい交通事故の報道が後を絶ちません。
依然、4,000人超もの人々が大切な命を交通事故で失っているのです。
交通事故は、被害者になっても加害者になっても悲劇です。
歩行者にあっては「歩きスマホ」をつつしむなど、安全に留意して。
自動車、自転車を運転する際は、くれぐれも安全運転を。
私も気を付けます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。