toggle
世田谷区の桃太郎 桃野芳文Webサイトです
2013-04-29

アメリカンフットボールチーム「警視庁イーグルス」を応援してきました

LINEで送る
Pocket

本日はアメフトの国内最高峰リーグ、Xリーグの試合に伺っていました。
過去、ラグビーのトップリーグをはじめ、日本プロ野球、サッカーのJリーグ等は観戦したことがあるのですが、アメリカンフットボールの試合を生で観戦するのは初めて。楽しみです!
お目当ては警視庁のアメリカンフットボールチーム「警視庁イーグルス」。
東京都江東区に拠点を置く警視庁第9機動隊によるチームです。
警察チームがスポーツのトップリーグで戦うのは”異例”の出来事。
学生時代に活躍した選手でも、警察学校在学時がブランクにならざるを得ないことや、平素から泊まり勤務があること、大きな災害や事件があれば練習もままならないことなど、強豪実業団チームに比べれば大きなハンデがあります。
実際にイーグルスの選手も、福島第一原発の警護などで東京を長期間離れることがあるとか。
当然、活動時間は勤務時間外に限られる完全なるアマチュアチームです。
「アマチュアがプロ(やセミプロ)を倒す」
そんなロマンを追いかけたくて、また公務の合間をぬってスポーツに取り組む選手たちを応援したくて球場に足を運びました。
■警察チームのXリーグ初昇格、初登場でマスコミも取材に来ていました
対するは東京ガスクリエイターズ。
2002年に下部リーグで全勝優勝を果たして、Xリーグに昇格。
2003年より一度も降格せずにトップカテゴリーで戦う強豪チームです。
活動拠点はイーグルスと同じく東京都江東区ということもあり、先輩格として意地でも負けられない一戦でしょう。
■紺色が警視庁イーグルス、白色が東京クリエイターズ
(川崎球場のスタンドは一部改修中です)

試合開始早々、第一クオーターに東京ガスクリエイターズがタッチダウンを奪い、その後のエクストラポイントも決めて7点をリード。その後は一進一退のひきしまったプレーが続き、前半終了です。
■ハーフタイム。クリエイターズは専属チアリーディングチームの登場

■イーグルスは警視庁音楽隊の登場。
(警視庁からピーポくん、妹のピー子ちゃん、神奈川県警からピーガルくんも応援に!)

第三クオーターには、警視庁イーグルスがフィールドゴールで3点をゲット。
記念すべきXリーグでの初得点!
その後も緊張感のある時間が続きましたが、第四クオーターに入ると、東京ガスクリエイターズが地力の差を見せるように2つのタッチダウンを奪いイーグルスを突き放す。警視庁イーグルスも最後までQBの華麗なランプレーなどで健闘しましたが、追加点を奪えぬまま試合終了。
■結果は21-3で東京ガスクリエイターズの勝利となりました。

雑感。
アメフトはラグビーとはまた別の迫力を感じるスポーツでした。
静と動。緊張から躍動。
ピンと張りつめた空気の中からボールがスナップされた瞬間、フィールド上の22名の選手が激しくぶつかり、瞬時にスピードをあげる。
この一瞬の迫力は他にはない魅力ですね。
そして今日は、国内トップクラスの選手たちのプレー、迫力ある試合を楽しめて入場料は1000円(!)でした。
おまけに球場は再入場自由で、続いての第二試合もみることができるそうです。
私は予定があり、一試合のみの観戦で球場をあとにしましたが、チケット代もとてもリーズナブル。
また時間をつくってアメフト観戦に行きたくなりました!
やっぱりスポーツっていいな。
■イーグルスのユニフォームを着て「パパがんばれー!」と声援をとばしていた子どもがかわいかった!

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。